仕事としての撮影の場合、条件や制約などはありますか?

2020年01月01日現在、お仕事としてお受けする撮影は、以下の条件や制約などが発生します。詳細はお問い合わせください。
※ご注意1:条件等は見直し・変更等が発生する場合がございます。
※ご注意2:詳細はご相談の上、契約後に撮影実施いたします。

モデル様(所属事務所様)側の条件・制約等

  • 撮影料、ならびに撮影に係る費用のご負担(交通費・宿泊が必要な場合は宿泊費等を含む)。
  • 撮影遂行に必要十分なリソース(人材・機材・移動手段等)の確保と、それらに要する費用等のご負担。
  • 撮影地のご要望がある場合は、スタジオ等を含む撮影現地の撮影許可等の事前お手続き(費用等が発生した場合、それらのご負担も含む)。
  • 当方のアート作品(デジタル加工制作)での納品の際には、作品制作料。
  • モデル様の状態管理(撮影時衣装・メイク等含む)と、それらに要する費用等のご負担。
  • 当方撮影の写真作品(デジタル加工制作作品を含む)の、発表・公開(展示)・販売等の権利許諾。

カメラマン(当方)側の条件・制約等

  • 撮影に係る機材等の準備。
  • 撮影中のモデル様の状態管理(休憩等の考慮など)。
  • ご指定の撮影に対する成果物の納品(期日は契約時にご相談)。